jaico
会員のための学びのプラットフォーム
J-ラボ

J-ラボとは

JAICO+Laboratory

日本産業カウンセラー協会の略称のJAICOと
研究所・作業所 Laboratoryをあわせ、「J-ラボ」と名づけました。

全国の会員とつながる場

J-ラボは、原則オンラインで開催します。
所属支部の枠を超えて、会員交流のプラットフォームづくりを目指します。

会員の学びと情報交換の場

時代の変化、人々のニーズや価値観の多様化に対応できる専門家であり続けるためにはアンテナを高くして新しい情報をキャッチし、継続的に学び続けることが必要です。
J-ラボは会員の継続した学びと情報交換の場を提供することも目的にしております。

内容

学びの場
会員のカウンセリングスキルの向上や実践に結びつく学びを提供するために、各支部が全国の会員を対象に開催する各種研修や本部が主催する各種研修をご案内します。
交流の場
所属支部の枠にとらわれず、同じ興味や関心を持つ会員同士による交流の場、新たな出会いと気づきにつながる「コミュニケーションの場」を提供します。

開催情報Date held

【開催終了】[東京支部主催]特別講演会「システムズアプローチに基づくカウンセリングの考え方と実際を学ぶ  〜質疑応答を中心に〜」

セミナー開催終了

システムズアプローチとは主として対人関係の相互作用を扱うことでクライエントの変化につなげる方法論であり、医療・教育・福祉、そして産業の領域で幅広く用いられています。特にクライエントとカウンセラーの面接場面での相互作用が最も重視され、次にクライエントの家族や職場の人間関係が重視されます。
当日はごく簡単なレクチャーののち、グループディスカッションをおこない、参加者からの質問(関心事)に回答する形式で応用的なレクチャーをおこないます。いわばオンデマンド形式の講義になりますので、受講される皆さんには広く「カウンセリング」に関わる日頃の疑問等を持ち寄っていただくことを期待します。時間の許す範囲で、それらが可能な限り解消されることが本講義の主たる目標です。ケース相談も、簡潔であればOKです。

[東京支部主催]月例研究会「カップルカウンセリングのいろはの「い」のさらに一歩前の話」

セミナー

個人カウンセリングとカップルカウンセリングの大きな違いの一つは、個人カウンセリングが2者関係であるのに対して、カップルカウンセリングは3者関係であることです。
とはいえ、ある瞬間をとらえれば、カウンセラーとクライアントの2者関係なので、カウンセリングのスキルがあるなら、その技法にかかわらず基本的にはカップルカウンセリングにも使えるはずです。
一方、3者関係になると状況が複雑になるので、ケースをハンドリングするためにより明確に意識・対応しなければならないこともあります。
演者はTA(交流分析)をベースにしていますので「契約」という概念で考えます。養成講座で「場面設定」と習ったことに近いかと思いますが、「誰」と「誰」が「何をゴールにして」、「各人が何をするのか」という約束です。
契約を明確化するプロセスをクライアントは「カウンセリングの前段の話」と受け取りやすいのですが、実はカップルのカウンセリングにおいても最大の山場だと演者は考えています。
今回は、契約の重要性についてカップルカウンセリングの場面を中心にお話しします。

[東京支部主催]月例研究会「「オンラインカウンセリング・講座でのZOOM🄬活用術」~カウンセリング、講座の効果をグッとあげるコツ~」

セミナー

オンラインで行うカウンセリングや講座は今や一般的になりましたが、急激な広がりでじっくり習得する機会もなく、なんとなく使い続けていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。この講座では、代表的なオンラインツール「ZOOM🄬」について、カウンセリングや講座で使える便利な機能を紹介します。ご自身が受ける側で利用することはもちろん、運営する側でも活用できます。オンラインは、ツールの使い方次第で、効果をグッとあげることができます。そんなコツをみなさんと一緒に学びましょう。
【対象】
 PCでZOOM🄬を利用したことがある方、または、まだ利用したことがなくても、案内にそってPCでZOOM🄬利用準備ができる方。
 加えて、カウンセリングや講座をオンラインで受けたり、実施したりする機会のある方。
【主な内容】
1. オンライン会議とZOOM🄬
2.シーン別ZOOM🄬便利機能
(1)カウンセリングを受けるとき
(2)講座を受けるとき
(3)カウンセリング・講座を運営するとき

新着講座New

[東京支部主催]月例研究会「「オンラインカウンセリング・講座でのZOOM🄬活用術」~カウンセリング、講座の効果をグッとあげるコツ~」

セミナー

オンラインで行うカウンセリングや講座は今や一般的になりましたが、急激な広がりでじっくり習得する機会もなく、なんとなく使い続けていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。この講座では、代表的なオンラインツール「ZOOM🄬」について、カウンセリングや講座で使える便利な機能を紹介します。ご自身が受ける側で利用することはもちろん、運営する側でも活用できます。オンラインは、ツールの使い方次第で、効果をグッとあげることができます。そんなコツをみなさんと一緒に学びましょう。
【対象】
 PCでZOOM🄬を利用したことがある方、または、まだ利用したことがなくても、案内にそってPCでZOOM🄬利用準備ができる方。
 加えて、カウンセリングや講座をオンラインで受けたり、実施したりする機会のある方。
【主な内容】
1. オンライン会議とZOOM🄬
2.シーン別ZOOM🄬便利機能
(1)カウンセリングを受けるとき
(2)講座を受けるとき
(3)カウンセリング・講座を運営するとき

[東京支部主催]月例研究会「カップルカウンセリングのいろはの「い」のさらに一歩前の話」

セミナー

個人カウンセリングとカップルカウンセリングの大きな違いの一つは、個人カウンセリングが2者関係であるのに対して、カップルカウンセリングは3者関係であることです。
とはいえ、ある瞬間をとらえれば、カウンセラーとクライアントの2者関係なので、カウンセリングのスキルがあるなら、その技法にかかわらず基本的にはカップルカウンセリングにも使えるはずです。
一方、3者関係になると状況が複雑になるので、ケースをハンドリングするためにより明確に意識・対応しなければならないこともあります。
演者はTA(交流分析)をベースにしていますので「契約」という概念で考えます。養成講座で「場面設定」と習ったことに近いかと思いますが、「誰」と「誰」が「何をゴールにして」、「各人が何をするのか」という約束です。
契約を明確化するプロセスをクライアントは「カウンセリングの前段の話」と受け取りやすいのですが、実はカップルのカウンセリングにおいても最大の山場だと演者は考えています。
今回は、契約の重要性についてカップルカウンセリングの場面を中心にお話しします。

【開催終了】[東京支部主催]特別講演会「システムズアプローチに基づくカウンセリングの考え方と実際を学ぶ  〜質疑応答を中心に〜」

セミナー開催終了

システムズアプローチとは主として対人関係の相互作用を扱うことでクライエントの変化につなげる方法論であり、医療・教育・福祉、そして産業の領域で幅広く用いられています。特にクライエントとカウンセラーの面接場面での相互作用が最も重視され、次にクライエントの家族や職場の人間関係が重視されます。
当日はごく簡単なレクチャーののち、グループディスカッションをおこない、参加者からの質問(関心事)に回答する形式で応用的なレクチャーをおこないます。いわばオンデマンド形式の講義になりますので、受講される皆さんには広く「カウンセリング」に関わる日頃の疑問等を持ち寄っていただくことを期待します。時間の許す範囲で、それらが可能な限り解消されることが本講義の主たる目標です。ケース相談も、簡潔であればOKです。

キーワードでセミナーを探す

カテゴリーからセミナーを探す